増税について

今日は現状の住宅に関しての消費税がどういう状況なのかを 私なりに簡単な言葉でまとめたいと思います。
【注意】今回のお話は2014年4月のお話なので、

2013年4月とお間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

また、あくまで消費増税もまだ予定ですので、確定ではありません。

財務省は2013年3月8日に、こんなルールをまとめています。
2014年4月の消費増税に関連し、

13年9月末までに契約することなどを条件に、 商品の受け取りが14年4月以降の場合でも5%の税率の適用を認める。
もちろん注文住宅もこれに該当します。
ということはですよ!
逆に言うと、 2014年の3月に住宅を契約しても3月中に支払いをする人はいいとして、 2013年9月までに契約を済ませないと、税率8%になった日より後の支払いについては 5%にならないということになりますね。
消費税は商品を受け取る時にかかるのが原則。 税率は14年4月1日から8%に上がる予定だが、 住宅などの場合、契約内容に応じて14年4月以降の引き渡しでも5%の税率を適用する。
注文建築の一戸建て住宅の購入や大型のリフォームの場合、 増税の半年前の13年9月末までに請負工事の契約をしていれば、 引き渡しや代金支払いの一部が14年4月以降にずれ込んでも税率は5%とする。
マンションの大規模修繕なども同じ扱いになる。
新築マンションを完成前に購入契約し、 内装を変える工事を注文しない場合、 引き渡しが14年4月以降なら消費税率は8%になる。 畳や扉など内装を一部変える工事を注文すれば税率は5%だ。
これって盲点じゃないですか?
電気代やガス代などで、増税日の4月1日をまたいで 1カ月分の料金を徴収する場合は、 その月の分に限って税率は5%になる。 14年4月以降のコンサートチケットなども、14年3月末までの購入なら税率は5%だ。

今から考え出せばまだ半年あります!!
真剣に住宅購入考えましょう!
1,000万円の家 → 消費税5% → 50万円            → 消費税8% → 80万円 その差30万円!!
2,000万円の家 → 消費税5% → 100万円            → 消費税8% → 160万円 その差60万円!!
この差額をなくすには9月までにどれだけ動けるか?ですよ!!

秋になりましたね

朝晩冷え込んできましたね~

皆さん風邪など惹かれていないですか?

秋といえば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、などなど

もっぱら我が家は食欲の秋ですかね~

食いしんぼうな 我が家は、秋刀魚、サツマイモ、きのこ、なすに

秋の名月と称しお月見団子などなど^^

おいしいものがたくさんですね。

満月といえば月の引力で子供の出産が増えるとか・・・

私事ですが臨月です。

あと2週間で予定日ですがおなかが重たくて早く出したい心境です。

コレばっかりは陣痛が来ないことにはうめませんからね~

早く会いたいな~

住宅資金の贈与額はいくらまで?

昨日は2世帯住宅についてでしたが、今日は親からの家を建てるときの贈与についてのお話しです。

新聞や住宅関連の情報から拾ってみれば
親などから住宅取得資金の贈与を受けたて家を建てた人の割合は約20%弱で5人に1人が贈与を受けていると言うことだそうです。

なかでも20代、30代の若い世帯で贈与の割合が高く、3人に1人が贈与を受けているみたいですね。
若い人はなかなか貯蓄が少ないので当然と言えばとうぜんでしょうね。

贈与がある場合の贈与額の平均は全体で約1200万円とかなり高額です。
自己資金の平均額は約1500万円となっているようです。

ところで、本日のテーマの
親からの住宅取得資金の贈与を非課税にする制度として、「住宅取得資金贈与非課税特例」「相続時精算課税制度」があります。

「住宅取得資金贈与非課税特例」は、親や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合、贈与を受けた年によって一定額が非課税となります。

2011年の贈与なら1000万円まで非課税だったのですが、2012年の贈与からは、一般住宅の場合で、2012年は1000万円、2013年は700万円、2014年は500万円が非課税枠になります。

一定の省エネ住宅・耐震住宅の場合で、2012年は1500万円、2013年は1200万円、2014年は1000万円が非課税枠になるようです。

贈与税の基礎控除110万円と併用できます。

「相続時精算課税制度」は、65歳以上の親から贈与を受けた場合、2500万円までは贈与税がかからず、相続時に相続財産として精算する制度です。

住宅取得資金の贈与であれば、2014年までの贈与なら、親の年齢は問われません。

先の「住宅取得資金贈与非課税特例」との併用も可能なので、2011年は3500万円まで贈与税がかからなかったことになりますね。

住宅の新築、購入には相当の金額が必要となるます。
利用できる優遇制度は漏れなく利用したいところですが、適用条件がそれぞれ異なるため、どういった条件であれば利用できるのか、適用条件を満たすためにどの程度コストアップするのかなどをきちんと把握しておきたいですね。

すべてを自分で調べるのには限界がありますね。
渕上建設では適切な段階で正しい情報などのご相談を承っていますのでお気軽にご相談ください。
0956-48-6006(担当 渕上)

二世帯住宅を建てる際の注意点など

最近は、世相の反映で所得が少なくなったりとか、親御さんの面倒を見たりとかで2世帯住宅も少しずつ増えてきているようなきがします。

そんな二世帯住宅を建てる際の注意点を少し。

二世帯住宅を設計施工する場合、渕上建設では事前の打合せを通常の住宅設計施工のとき以上に時間をかけて行っています。

親夫婦に子供夫婦、あるいは孫も同居し、生活習慣の異なる世代が一緒に住むわけですから、それはそれは大変だと思います。

舅に姑、婿に嫁、小説やドラマなどで毎日のように題材にされるほど多くの問題を含んでいることも事実ですが、一方で非常に良い関係を築いている例もいっぱいあります。

大切なことは、設計計画を始める前に家族の中のいろいろな問題点を知り、そして、その問題点を家族で十分考えて、あらかじめ心構えを構築することだと思います。

設計施工相談に当たっては、二世帯住宅の良し悪しを十分ご理解いただくために、渕上建設が過去に設計施工したケースのその後や、他から聞いたいろいろな事例をご紹介し、良いことだけでなく、きついこともお話して、ある意味覚悟してもらうことを最初の話し合いとたうえで、設計施工の基本となる二世帯住宅の仕様の話をします。

二世帯住宅の設計計画は、縦割りにするのか、横割りにするかという大きな考え方があります。

親世帯と子供世帯をどう配置するかで、縦割りとは、連棟住宅のように、それぞれに玄関、階段、キッチン、浴室、トイレなど設け、1階などで一部それぞれに行くことが出来るドアなどを設けるスタイルですね。

横割り(上下分け)とは、1階は両親、2階以上を子供夫婦が住むスタイルですね。

つまり、2つの世帯を並べるか、重ねるかという違いだになります。

これにはそれぞれ長所短所があるほか、敷地や接道関係の影響を受けます。

二世帯住宅では、これらの玄関、キッチン、浴室の分離等や縦分けや上下分けなど決めていくのですが、大切なことは、じっくりと時間をかけて説明し意見交換をすることだと思います。

何故なら、二世帯住宅では、掃除の仕方、皿のふき方、寝る時間、留守にする時、ご近所とのつきあい、友人知人を招くときの対応など、本当に細かなことの積み重ねが日々続くことですし、気遣いなど心の問題が大きく左右するからです。

そこで、プランの打合せなどを通じて、渕上建設では「家族のルールづくり」をお願いしています。

掃除の仕方や皿のふき方、こども(孫)のこと、就寝時間、出かけて留守にする時のことなどから、お宅によっては宗教のことまで事細かく事例を交えてお話しして一定の「家族のルール」を作ること、それをふまえて設計計画することが、いつまでも仲良く暮らせる方法だと思います。

家づくりにビジネス性が入ると、どうしても急いだり急がされたり、勢いだけで進めていく可能性がありますが、十分話をしてお互いに了解しながら進めていくことが、「失敗しない家づくり」の最も重要なポイントだと渕上建設では考えています。

お気軽にご相談ください。0956-48-6006(渕上・山口)

3連休は台風かな

また台風が近づいていますね。

長崎では16日~17日から台風の北側の湿った空気が入り、雨雲が発達する可能性があります。
海上にはうねりが入って、次第に波が高くなりそうです。

沖縄は三連休には雨や風が強まり、大荒れの天気になる恐れがあります。
交通機関の乱れる可能性もありますので、
沖縄へ旅行を計画されている方は交通情報にご注意下さい。

また日曜日からは台風の北上に伴い周辺の湿った空気が西日本にも入るため、
九州から近畿にかけての太平洋側を中心に大雨となる恐れがあります。
三連休は台風の動向に注意が必要です。

以下ニュースより引用
さて、大きな被害をもたらす恐れもある台風ですが、一方では重要な水資源となっています。

一般に台風の雨が日本国内にもたらす水の量は普通100~200億トン、多いもので300~600億トンと言われています。

日本の生活用水は年間約150億トン、工業用水は約120億トンと言われていますので、一つの大きな台風が来ると、生活や工業用水のほぼ1年分の水を満たすことになります。

現在、水不足になっている関東地方は、雨が期待されていますが、今回の台風は沖縄付近へ進んだあと、東シナ海を北上する見込みです。

関東へも台風周辺の湿った空気が入り、雨が降る可能性もありますが、水不足を解消するほどの雨は降りそうにありませんね。

降ってもらいたいところには降らないで、水害が起こったところに台風が来るとは自然とはままならないものです。

以前の台風が接近したときにも書いたように台風対策を万全にしてください。
http://fuchigami-kensetsu.com/sawasawa/2012/06/%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E3%81%AB%E5%82%99%E3%81%88%E3%81%A6.html
無事、通り過ぎることを祈ります。

台風の進路についてはここをご覧ください。
http://www.imocwx.com/typ/typ_0p.htm

家の呼吸の仕組みについて(WB工法)

今日はちょっと長くなりますが、WB工法(通気断熱工法)の家の呼吸について説明したいと思います。

湿度が高く、夏冬の温度差が激しい日本で快適に暮らすには、冬暖かく、夏涼しい室内環境が重要です。
それには室内の通気性と断熱性をうまく両立させることが大切になってきます。

WB工法では木造建築の利点と家の呼吸を組み合わせることで通気性と断熱性を両立させた最適な住まいを実現しています。

家の呼吸のポイントとなる独自の仕組みについて

■空気の流れ道である「第一通気層」と主段熱と内壁の間にある「第二通気層」が自然な空気の流れを造ります。

■温度の変化で自動的に動く形状記憶合金を使った、形状記憶式自動開閉装置は、機械換気システムとは違い、大がかりな設備や電力を使いません。

それぞれの通気孔にある装置は、形状記憶合金の特性を利用することで、温度を感知し、夏の暑い日には開き、冬の寒い日には閉じて自動的に住まいの通気をコントロールしています。

これらの自然にあわせた装置を使って日本の四季に快適な住環境を作ります。
続きを読む

住宅の保険について考えてみましょう。

今日は自分たちの家の保険の話です。
なかなか、災害に遭うことなど考えたくもありませんが、もしもという時に慌てないようにしたいものです。

地震の被害をカバーするのは「地震保険」、台風や水害の被害をカバーするのは「火災保険」

入居後の思わぬ災難のひとつが、地震や台風、水害などの自然災害による建物の損傷ですね。

まず、地震や噴火、津波による被害を受けたときですが、この損害をカバーするのは「地震保険」になります。

住宅を購入する際に、「火災保険」には加入する人がほとんどですが、地震保険は保険料が火災保険に比べて割高なこともあり、加入しない人も多いですね。

しかし、火災保険では補償されない「地震が原因の火事」で家を失うことだってありますよね。

現在加入中の火災保険に後からセットすることもできるので、地震などによる家や家財の被害を不安に感じている人は、自分が加入している保険の見直しをしてみませんか。

また、最近ゲリラ豪雨などで、全国各地で深刻な被害が発生している水害なのですが、住宅への被害をカバーするのは、火災保険の中でも「住宅総合保険」と呼ばれる保険です。

火災保険で「水害」に含まれるのは台風、暴風雨、豪雨などによる洪水、高潮、土砂崩れなどです。

注意したいのは、これらの水害による損害を補償するのは「住宅総合保険」で、一般の住宅火災保険では補償されないという点に注意してください。

また、給排水設備の事故などによる水漏れも、保険金が出るのは「住宅総合保険」ということも覚えておいてください。

9月は防災月間です。
もう一度、自分が加入している火災保険がどんなタイプなのかを確認してみてください。

渕上建設では、新築工事はもちろん、リフォームについても保険の相談をお受けいたしますのでお気軽にご相談ください。

消費増税可能性で住宅ローンの軽減など

消費税が上がるかもしれませんね。
仮に14年4月に消費税率が5%から8%に上がった場合、消費の落ち込みが懸念されることから、特に金額の高い自動車や住宅の販売への影響を抑える狙いの住宅減税が税制改革に盛り込まれましたね。

住宅については、国交省が住宅ローン減税の拡充を要求しました。
現行制度では12年の「10年間で最大300万円」の減税額が、13年には「10年間で最大200万円」に縮小することが決まっている。このため国交省は13年も「最大300万円」に据え置くことを求めています。

住宅ローン減税とは

住宅取得を促し、経済を活性化させる目的で1986年に創設され、延長を重ねている。入居した年に応じて借入残高の一定割合を所得税や住民税から差し引く。床面積50平方メートル以上の住宅の購入や、耐震改修を含む増改築に適用し、年間所得3千万円以下であることが条件。2012年の場合、控除対象となるローン残高の上限は3千万円で、入居した年から10年間にわたり毎年1%分が減税となる。

続きを読む

WB工法(通気断熱工法)ワンダーベースのお知らせ

WB工法(通気断熱工法)でおなじみのワンダーベースで恒例のお客様感謝デーがあります。

お近くの方は是非いらしてください。

開催期間:

2012年09月08日(土)
開催時間:

10:00~16:00
開催場所:

今回はお客様感謝デー。
そば打ち体験に、打ち立て湯でたておそばに下鼓。
トールペイント教室では、可愛いお菓子BOXを。
素敵なプレゼントにも最適な、手作りタイルアート教室に、
やっぱり外せない木工教室!
前回大好評を頂いた、WB工法説明ツアーも随時開催します!

今回も、ご家族で楽しんで頂けるイベント盛りだくさん!
さぁ、9月8日はワンダーベースへ!

<お問合せ>
会社名 : (株)ウッドビルド
担当者 : 寺島健悟
地区名 : 長野県
住 所 : 長野市若穂綿内364-4
電 話 : 026-268-5588
E-mail : w.b.1@rapid.ocn.ne.jp

長崎県内のWB工法でのお問い合わせは佐世保市の渕上建設でも承っていますのでお気軽にご相談ください。

 

Pages: Prev 1 2 3 4 5 Next