二世帯住宅を建てる際の注意点など

最近は、世相の反映で所得が少なくなったりとか、親御さんの面倒を見たりとかで2世帯住宅も少しずつ増えてきているようなきがします。

そんな二世帯住宅を建てる際の注意点を少し。

二世帯住宅を設計施工する場合、渕上建設では事前の打合せを通常の住宅設計施工のとき以上に時間をかけて行っています。

親夫婦に子供夫婦、あるいは孫も同居し、生活習慣の異なる世代が一緒に住むわけですから、それはそれは大変だと思います。

舅に姑、婿に嫁、小説やドラマなどで毎日のように題材にされるほど多くの問題を含んでいることも事実ですが、一方で非常に良い関係を築いている例もいっぱいあります。

大切なことは、設計計画を始める前に家族の中のいろいろな問題点を知り、そして、その問題点を家族で十分考えて、あらかじめ心構えを構築することだと思います。

設計施工相談に当たっては、二世帯住宅の良し悪しを十分ご理解いただくために、渕上建設が過去に設計施工したケースのその後や、他から聞いたいろいろな事例をご紹介し、良いことだけでなく、きついこともお話して、ある意味覚悟してもらうことを最初の話し合いとたうえで、設計施工の基本となる二世帯住宅の仕様の話をします。

二世帯住宅の設計計画は、縦割りにするのか、横割りにするかという大きな考え方があります。

親世帯と子供世帯をどう配置するかで、縦割りとは、連棟住宅のように、それぞれに玄関、階段、キッチン、浴室、トイレなど設け、1階などで一部それぞれに行くことが出来るドアなどを設けるスタイルですね。

横割り(上下分け)とは、1階は両親、2階以上を子供夫婦が住むスタイルですね。

つまり、2つの世帯を並べるか、重ねるかという違いだになります。

これにはそれぞれ長所短所があるほか、敷地や接道関係の影響を受けます。

二世帯住宅では、これらの玄関、キッチン、浴室の分離等や縦分けや上下分けなど決めていくのですが、大切なことは、じっくりと時間をかけて説明し意見交換をすることだと思います。

何故なら、二世帯住宅では、掃除の仕方、皿のふき方、寝る時間、留守にする時、ご近所とのつきあい、友人知人を招くときの対応など、本当に細かなことの積み重ねが日々続くことですし、気遣いなど心の問題が大きく左右するからです。

そこで、プランの打合せなどを通じて、渕上建設では「家族のルールづくり」をお願いしています。

掃除の仕方や皿のふき方、こども(孫)のこと、就寝時間、出かけて留守にする時のことなどから、お宅によっては宗教のことまで事細かく事例を交えてお話しして一定の「家族のルール」を作ること、それをふまえて設計計画することが、いつまでも仲良く暮らせる方法だと思います。

家づくりにビジネス性が入ると、どうしても急いだり急がされたり、勢いだけで進めていく可能性がありますが、十分話をしてお互いに了解しながら進めていくことが、「失敗しない家づくり」の最も重要なポイントだと渕上建設では考えています。

お気軽にご相談ください。0956-48-6006(渕上・山口)

家の呼吸の仕組みについて(WB工法)

今日はちょっと長くなりますが、WB工法(通気断熱工法)の家の呼吸について説明したいと思います。

湿度が高く、夏冬の温度差が激しい日本で快適に暮らすには、冬暖かく、夏涼しい室内環境が重要です。
それには室内の通気性と断熱性をうまく両立させることが大切になってきます。

WB工法では木造建築の利点と家の呼吸を組み合わせることで通気性と断熱性を両立させた最適な住まいを実現しています。

家の呼吸のポイントとなる独自の仕組みについて

■空気の流れ道である「第一通気層」と主段熱と内壁の間にある「第二通気層」が自然な空気の流れを造ります。

■温度の変化で自動的に動く形状記憶合金を使った、形状記憶式自動開閉装置は、機械換気システムとは違い、大がかりな設備や電力を使いません。

それぞれの通気孔にある装置は、形状記憶合金の特性を利用することで、温度を感知し、夏の暑い日には開き、冬の寒い日には閉じて自動的に住まいの通気をコントロールしています。

これらの自然にあわせた装置を使って日本の四季に快適な住環境を作ります。
続きを読む

住宅の保険について考えてみましょう。

今日は自分たちの家の保険の話です。
なかなか、災害に遭うことなど考えたくもありませんが、もしもという時に慌てないようにしたいものです。

地震の被害をカバーするのは「地震保険」、台風や水害の被害をカバーするのは「火災保険」

入居後の思わぬ災難のひとつが、地震や台風、水害などの自然災害による建物の損傷ですね。

まず、地震や噴火、津波による被害を受けたときですが、この損害をカバーするのは「地震保険」になります。

住宅を購入する際に、「火災保険」には加入する人がほとんどですが、地震保険は保険料が火災保険に比べて割高なこともあり、加入しない人も多いですね。

しかし、火災保険では補償されない「地震が原因の火事」で家を失うことだってありますよね。

現在加入中の火災保険に後からセットすることもできるので、地震などによる家や家財の被害を不安に感じている人は、自分が加入している保険の見直しをしてみませんか。

また、最近ゲリラ豪雨などで、全国各地で深刻な被害が発生している水害なのですが、住宅への被害をカバーするのは、火災保険の中でも「住宅総合保険」と呼ばれる保険です。

火災保険で「水害」に含まれるのは台風、暴風雨、豪雨などによる洪水、高潮、土砂崩れなどです。

注意したいのは、これらの水害による損害を補償するのは「住宅総合保険」で、一般の住宅火災保険では補償されないという点に注意してください。

また、給排水設備の事故などによる水漏れも、保険金が出るのは「住宅総合保険」ということも覚えておいてください。

9月は防災月間です。
もう一度、自分が加入している火災保険がどんなタイプなのかを確認してみてください。

渕上建設では、新築工事はもちろん、リフォームについても保険の相談をお受けいたしますのでお気軽にご相談ください。

消費増税可能性で住宅ローンの軽減など

消費税が上がるかもしれませんね。
仮に14年4月に消費税率が5%から8%に上がった場合、消費の落ち込みが懸念されることから、特に金額の高い自動車や住宅の販売への影響を抑える狙いの住宅減税が税制改革に盛り込まれましたね。

住宅については、国交省が住宅ローン減税の拡充を要求しました。
現行制度では12年の「10年間で最大300万円」の減税額が、13年には「10年間で最大200万円」に縮小することが決まっている。このため国交省は13年も「最大300万円」に据え置くことを求めています。

住宅ローン減税とは

住宅取得を促し、経済を活性化させる目的で1986年に創設され、延長を重ねている。入居した年に応じて借入残高の一定割合を所得税や住民税から差し引く。床面積50平方メートル以上の住宅の購入や、耐震改修を含む増改築に適用し、年間所得3千万円以下であることが条件。2012年の場合、控除対象となるローン残高の上限は3千万円で、入居した年から10年間にわたり毎年1%分が減税となる。

続きを読む

WB工法(通気断熱工法)ワンダーベースのお知らせ

WB工法(通気断熱工法)でおなじみのワンダーベースで恒例のお客様感謝デーがあります。

お近くの方は是非いらしてください。

開催期間:

2012年09月08日(土)
開催時間:

10:00~16:00
開催場所:

今回はお客様感謝デー。
そば打ち体験に、打ち立て湯でたておそばに下鼓。
トールペイント教室では、可愛いお菓子BOXを。
素敵なプレゼントにも最適な、手作りタイルアート教室に、
やっぱり外せない木工教室!
前回大好評を頂いた、WB工法説明ツアーも随時開催します!

今回も、ご家族で楽しんで頂けるイベント盛りだくさん!
さぁ、9月8日はワンダーベースへ!

<お問合せ>
会社名 : (株)ウッドビルド
担当者 : 寺島健悟
地区名 : 長野県
住 所 : 長野市若穂綿内364-4
電 話 : 026-268-5588
E-mail : w.b.1@rapid.ocn.ne.jp

長崎県内のWB工法でのお問い合わせは佐世保市の渕上建設でも承っていますのでお気軽にご相談ください。

 

ゆうちょ銀、住宅ローン参入申請 来年4月にも開始

日本郵政グループのゆうちょ銀行は3日、個人向け住宅ローン事業への新規参入を総務省と金融庁に認可申請したようです。

以下ニュースより引用
ゆうちょ銀の住宅ローンは、25年度で数百億円程度の取り扱いを計画している。
スルガ銀行の住宅ローンの販売仲介を全国82店舗で展開してきた実績はあるが、自社商品の開発・販売はこれまでやっていなかった。
一般的な住宅ローンのほか、高齢者や女性をメーンターゲットにした商品を計画しているという。

民営化委が8月にまとめた新規業務参入を審議する際の指針原案では、ほかの金融機関との提携による実績がある事業については、新規参入を容認する方針を出した。指針は9月中にも正式決定される見込みだ。

ただ民間の金融機関からは「民業圧迫だ」との反発が強まる可能性がある。

ということでゆうちょ銀行からも住宅ローンが出ます。
住宅ローンについてのご相談もお気軽にご相談ください。

人生の中で必要なお金はいくら

人生の中で必要なお金はいくらくらいかかるでしょうか。
今日は「人生の三大支出」を中心に考えてみましょう。

三大支出に該当するのは、「教育資金」「住宅資金」「老後資金」の3つですね。

教育費を見ると、幼稚園から高校まで公立だった場合で600万円弱程度
中学以降が私立の場合は1000万円弱が平均と言われていますね。
さらに大学へ4年間通うとなると、国立でも250万円弱、私立だと500万円弱が必要だといわれています。

次に、住宅資金について。

フラット35利用者調査(平成21年度)では、建売住宅の場合で購入価格3400万円、購入年齢37.5歳という全国平均が出ています。

同調査において手持金の平均が380万円程度で、残りはローンで支払うというような結果です。

この金利分に加えて固定資産税なども加えると、概算で6200万円という金額が住宅資金と言うことになりますね。

そして老後資金ですが、夫婦二人で8500万円(60歳時の平均余命を男性23年、女性28年とし、夫婦二人の生活費を約27万円/月、妻一人暮らしを19万円/月とした場合)

ざっと見ただけで目がくらむような金額が並びますね。

続きを読む

住宅ローン「フラット35」の最低金利下が下がりました

住宅ローン「フラット35」の最低金利下が下がりましたね。

住宅金融支援機構は5月2日、長期固定住宅ローン「フラット35」の5月の各金融機関での適用金利を発表しましたね。

返済期間21年以上35年以下は2.07%~3.02%。

最低金利は前月より0.09ポイント下がりました。

返済期間20年以下は、1.76%~2.71%です。

最低金利は前月より0.10ポイント下がりました。

最低金利の下落はいずれも2カ月ぶりということです。

詳しくは下記の「住宅ローン比較.jp」に載っていますので参考にしてください。

http://housingloan.jp/move/move.html

続きを読む