非選抜アイドル(AKB48の総選挙)

今日は軽い話題で本の紹介をします。

先日、今は国民的アイドルのAKB48の総選挙がありましたね。
予想通り大島優子さんが第1位に輝きました。

AKBのメンバーの中でも大島優子のタレント性は図抜けているようです。
子役時代から培った演技力もありますし、頭の回転も速いし、何より華がありますよね。
今でも他の女優に交じって違和感なく演技してますが、今後はさらに女優業にシフトすると思いますね。

そして2位は、後輩たちに「潰すつもりで来てください」という挑発的なスピーチで話題を集めた篠田麻里子さんです。

しゃべりもうまいのでMCとしても活路を見いだせそうですね。
眼力がハンパなく強いし、 麻里子サマと呼ばれるように“上から目線キャラ”を確立しているのが強みと見るファンも多いのではないでしょうか。

そんな総選挙の中でたくさんの人が選ばれませんでした。

選ばれなかった人はどうなるのかなと思いませんか?

そんな思っていたときに見つけたのが、AKB48に所属する仲谷明香の自叙伝です。


非選抜アイドル
仲谷 明香(AKB48)
小学館
2012/4/2
735(税込

 

内容説明

スポットライトは私の隣の席に当たった!

いまや国民的アイドルグループとなったAKB48。その200人を超す大所帯の中で、20人ほどの「選抜」メンバーに入るのはたやすいことではない。比較 的古参のメンバーでありながら、過去3度の「総選挙」で「非選抜」となった仲谷明香が、そのポジションをなぜ「おもしろい」と思えるようになったの か・・・。
画面やステージからは伺い知ることのない、アイドルとしての過酷な日々と、逆境をバネに替えてしなやかに立ち上がっていく課程を、瑞々しい筆致で綴る。
もちろん「選抜」はすばらしい、でも「非選抜」の力と誇りもわすれてはならないーー。
すべての「非選抜」に生きる人たちへ元気を送る応援メッセージ。

内容(「BOOK」データベースより)

いまや国民的アイドルグループとなったAKB48。その200人を超す大所帯の中で、20人ほどの「選抜」メンバーに入るのはたやすいことではない。比較 的古参のメンバーでありながら、過去3度の「総選挙」とも「非選抜」となった仲谷明香が、そのポジションをなぜ「おもしろい」と思えるようになったのか ―。画面やステージからは伺い知ることのない、アイドルとしての過酷な日々と、逆境をバネに替えてしなやかに立ち上がっていく課程を、瑞々しい筆致で綴 る。もちろん「選抜」はすばらしい、でも「非選抜」の力も忘れてはならない―。「非選抜」に生きる人たちへ元気を送るメッセージ。

 

200人以上いるAKBメンバーから人気投票で選ばれる約20名の「選抜」メンバー。

その陰には、惜しくも選に漏れた多くの「非選抜」メンバーたちがいる訳ですよね。

非選抜である自分の立場を「おもしろい」と表現する著者は、「敗者がいるから勝者が輝く」「逆境こそが自分を生かす」と、AKB48という大きな組織の歯車の一つであることに誇りを持ながら、自分自身の目標実現に向けて努力を重ねる。

スポットライトの当たらないところで、夢を追い、地道生きるすべての「非選抜」の人に共感を呼ぶ一冊です。

華やかな部分とそうでない部分はいろんな人生でありますが、たまにはこのような本でも読んでみてはいかがでしょうか。

建設業等は全く関係ない話題でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">