「住まいダイヤル」への相談、新築・リフォームとも相談が2桁増

今日もNEWSで住宅相談の話題です。

TVでもよく話題に上っていますね。

以下(引用)

(公財)住宅リフォーム紛争処理支援センターは8日、2011年度末時点の「住宅相談と紛争処理の状況」を発表した。

同センターが行なっている電話相談「住まいるダイヤル」で受け付けた相談件数は、2万483件(前年度比16%増)。“新築住宅不具合等相談”は56%増、“リフォームに関する相談”は32%増と、いずれも増加した。

10年度より開始した弁護士と建築士による専門家相談(無料対面相談)は、11年度は全国52すべての弁護士会で実施。実施件数は909(同44%増)、リフォームに関する相談が全体の約半分を占めた。

また、リフォーム見積チェックサービスは402件(同15%増)で、実際に見積書の送付を受けた件数が7割を占めた。住宅紛争処理の受付件数は105件(同46%増)、保険付住宅が大幅に増加した。

(公財)住宅リフォーム紛争処理支援センター

——ここまで——–

これは、施工業者との信頼関係が無かったために起こっているような気がします。
やはり施工業者はちゃんと選ばないといけないと思います。
その上で、信頼関係を築いていくことが大切だと思いますね。

渕上建設では「家族の未来のために」をテーマに
「渕上建設が考える家づくりをするため大切にしている4つのこと」
を実践しています。
詳しい内容は渕上建設のホームページを見てください。

また、工務店とのつきあい方についても参考にしてもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">